読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本、似合っていれば何でも良い。

基本的には中性的なファッションを着こなすメンズが好きだ。ただ見て「ほぅ…」とため息をつきたいだけだが。

そう。「着こなす」ことが重要。

 学生時代、バイト先で比較的高価で中性的なブランドが好きな男性がいた。バイト代のほとんどを、そのブランドの服の購入に充てていたと思われる。いつもそこの服を着ていたが…。
 
似合わねー!!

 色白・ぽっちゃりで、出っ歯、タレ目に、その服は似合わないのだ。
その服は、細身の男性に向けられたものだ。普通にカジュアルな服を着ていれば気にも留めなかったものを、

その服を着ることによって、「色白」「ぽっちゃり」「出っ歯」「タレ目」が否応なく強調され、否定的な印象を植え付けてしまうのだ。

 中性的なファッションが好きな私でも、カジュアルだろうが、フォーマルだろうが、その人に合った服装をしている人、着こなしている人はかっこいいと思う。服に着られないこと。

重要なのはその点で、それを理解できている人は素敵なのだ。

 …自戒を込めてそう思う。