最近、お灸にハマっています

私は最近、お灸にハマっています。だいたい1日2~3回、お灸をしています。私がお灸で治療しているのは、自律神経失調症と変形性膝関節症です。
~おススメのお灸~
私がオススメするお灸は『長生灸』というもので、熱さ(効き目)によって、ソフト、ノーマル、ハードの3段階あります。最初は、ソフトから様子を見るのがいいかと思いますが、私はお灸を始めて間もなくハードに落ち着きました。容量も200本入りと業務用(お徳用)の1,000本入りがあります。もちろん、私は1,000本入りを利用しています。
~お灸をすえるタイミング~
基本的に決まっていないのですが、よりよいのは血行のいいときですので、お風呂上りがいいかと思います。また、寝る前にすえると寝つきがよくなるとも言われています。
~自律神経失調症~
自律神経失調症になると、不眠、疲労、イライラ、不安…、様々な不調が出てきます。お灸は、それぞれの症状に効くとされるツボにすえます。自律神経失調症に効くツボは「隠白」と「合谷」です。
~変形性膝関節症~
私が変形性膝関節症になったのは、20代前半の頃からです。若さにかまけて運動前にウォーミングアップを怠ったのが原因でした。その後、変形性膝関節症の原因は加齢により膝の関節液が減少して、軟骨と軟骨が擦れることから痛みが生じることを知りました。
私は、元々テニスが大好きだったので、膝の痛みは深刻な問題でした。そこで私は、本による独学で変形性膝関節症について勉強しました。その本によると、変形性膝関節症の治療は手術か膝周辺の筋肉を強化するかのどちらかで、それほど深刻でない場合は後者を勧めていました。
実際、私が変形性膝関節症の対策として有効とされるのは、スクワット(無酸素運動)と速足ウォーキングもしくは軽ジョギング(有酸素運動)です。やり始めは、運動不足や体重増加に気をつけてトレーニングをすべきですが、それでもやはり膝を痛めてしまうことがあります。そこで、私が着目したのがお灸です。正直、予想以上の効果でした。膝の痛みに効くツボは「内膝眼」「外膝眼」「足三里」の三つで、そこにお灸をすえるとすぐに治ります。私の実感では、「足三里」が一番効くように思います。
ここまでやると、余程の無理をしない限り軌道に乗ると思いますので、継続は力なりで頑張りましょう。目標としては、ゴルフができたり、テニスのダブルスができるなら、変形性膝関節症は治ったものと見なし、この病気は退治するというよりうまく付き合うというイメージのほうがいいように思います。
~これから~
ここで紹介したのは、自律神経失調症と変形性膝関節症でしたが、まだまだ腰痛、肩こりなどお灸で治せたらと思う症状はありますので、今後、研究・実証していけたらと思います。