絵本の読み聞かせは楽しいな

小さい頃から本が好きでした。本を読むと、想像力がかき立てられますね。
本は心の栄養になるので、娘にも本が好きになって欲しいと思っていました。
赤ちゃんの頃は、色のきれいな絵本を選んで読み聞かせをしていました。
読み聞かせのポイントは、ママも楽しむことにあります。
ママが読んでいて楽しいと思っていると子供にも伝わるからです。
そこで、説教臭い本はすべて却下。
かわいい本や面白い本を選んでいました。
娘も小学校に入学しました。
毎週1回、先生たちの朝の会議の時間に子供を見守ることを兼ねた「本の読み聞かせ時間」があります。
私はやる気満々で、参加することにしました。
本を選ぶ時から、るんるん気分です。
好きな絵本を選んで、いざ子供たちの前で読もうとすると
絵本を向こうに向けると、字が読めない!
ついに老眼になってしまったことに気が付きました・・。
でも、読み慣れた本だったのでなんとか最後まで読めました。
子供たちの楽しそうな顔を見られて、うれしかったです。
人気のあった絵本は
「あきやまただしのへんしんシリーズ」
「11ぴきのねこシリーズ」
「ノラネコぐんだんシリーズ」でしょうか。
「ぎょうれつのできるパン屋さん」は読む前に
「パンって何で作ってるか知ってる?」「こむぎこー」と言ってから読みました。
おいしそうなパンがたくさん出てくる絵本で、「おいしそー」「たべたーい」と言う
子供たちが多かったです。
子供たちが喜んでくれてよかったと思いました。
また、来年度もやろうと思います。