自分らしくありたい

最初に断っておくと、私はファッションに疎いです。

今の流行が何か知りませんし、服の種類を言われてもそれが何を表しているのかわからないことすらあります。

ですが、そんな私にもこだわりはあります。

大きく分けて二種類で、夏と冬で大きく服装が変わります。

春と秋は割と適当で、主にパーカーを羽織っていますが、特に気にしてはいません。

しかし夏になると、一気に私の服装は変貌します。

具体的に言えば、基本的に足元は雪駄です。

この時点で理解されないこともあるのですが、大学時代に空手道部に所属していた私にとっては馴染み深いのです。

それに合わせるようにして、下は作務衣や甚平、果ては袴を着ることもあります。

その一方で上はTシャツですが、柄は和柄が多いです。

まとめると、私の夏のファッション(?)は和を意識した装いと言うことです。

ですが、これが冬になるとまた一変します。

下は黒と赤のレザーブーツ及びスラックス。

上は黒か赤のカットソーに、フォーマルなジャケットとロングレザーコート。

かなり物々しい雰囲気で、これもまた周りから理解されないことがあります。

ですが夏、冬ともに私は今の服装が気に入っているので、変える気はありません。

それが良いのか悪いのかはわかりませんが、今後も自分が好きな格好で日々を過ごしたいと思います。