メンズスーツの着こなし

スーツをとりあえず着ておけばどんな男性もそれなりに見えるという感じもありますが、実際にはきちんと着こなさないと差が出るのもスーツです。例えばサイズ合わせでスーツはきついからと大きめサイズを選んでしまうと間抜けな感じがします。また、それなりにトレンドもあるのでバブルのころのような色であったり、ツータックのスラックスだったりするとどうも時代に合っていないのでどこか古臭く感じます。最近は色目のパターンはスーツなのでグレーやブラックやネイビーといったダークでモノトーンっぽい生地が多いだけにネクタイがアクセントポイントになります。ドットやレジメンタルなどのネクタイを選べば無難にまとめることができます。キャラクターものの小さな柄であったり織地でパターンになっているものなどでもシックにコーディネートできますが、でかでかとプリントされていたりすると子供っぽくふざけた感じでスーツにはそもそも合わなかったりします。スーツの着こなしでさらにレベルアップするにはスーツのシルエットやシャツの色とのコーディネート、シャツの襟の形、靴やソックスまでも気をつける必要があります。もちろん、メガネや時計、ベルトなど小物もスーツに合わせたものを選びます。